熱くなれる高校野球漫画です

「甲子園へ行こう」(三田紀房さん作)はすごい漫画です。

ごく普通の公立高校が激戦区神奈川で甲子園を目指す、ストーリーです。

普通の高校野球漫画では、ドカベンの山田太郎のようなスーパースターがいて、ドンドン勝ち上がり、甲子園でも優勝する、というストーリーが一般的ですが、この漫画にはそんなスーパースターは出てきません(もちろん中心選手はいますが)。

プロのスカウトが注目するようなスター選手などいないけど、甲子園に行ってみたいという思いからひたむきに努力する選手たちの姿が描かれています。

私自身、神奈川の中堅強豪校で野球をやっていました。

スターはいなかったですが、なんとか強豪校に勝ちたい、そして甲子園に行ってみたい、という思いはどこにも負けていなかったと思います。

みんなよく練習したと思います。

監督もよく鍛えてくれました。

結局、最後はプロ注目選手が並ぶ強豪校に負け、甲子園出場はあとちょっとで果たせませんでした。

あの時の悔しさ、絶望感、満足感は昨日の事のように覚えています。

そんな球児は自分以外にもたくさんいると思いますが、この漫画はそんな球児の儚い思いを見事に描いています。

何度読んでもラストシーンは涙が出てきます。

思わず股間が熱くなるエロい漫画と言えば、鳩こんろの女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ですね。

天井から女の子が落ちてきて、下半身の息子にハマる展開に笑ってしまいましたが、エロシーンはすごく良いです。
↓ ↓ ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。 無料画像立ち読み

Post Author: 七尾